Person先輩の声

先輩の声 01PERSON 01

手掛けた仕事がきれいに
仕上がった時の喜びは
最高ですよ!

工事主任稲垣 弘治

2009年 途中入社

Question01これまでの職歴を教えてください。

高校卒業後、大手繊維メーカーに就職して生地を作る仕事に就きました。そこで3交代勤務をしながら10年ほど働いていたんですが、その時の同僚が先にこの会社へ転職後、誘ってくれたのがきっかけで転職しました。

Question02お仕事の楽しさはどうですか?

型枠関係の作業が得意で、一番楽しいですね。最近、住宅の擁壁関連の仕事で仕上がりがとても良かったんですが施主さんからすごく喜んでいただいて、嬉しさと達成感が大きく思わず写真を撮らせてもらいました。スマホに入ってるので、ついつい何度も見てしまうんです(笑)
測量や機械操作、上司や関連業者さんとの打ち合わせもやってますがやっぱり手掛けた仕事がきれいに仕上がった時の喜びはサイコーですよ。

Question03雰囲気はどうですか?

若い人も多くて、みんな気さくなので仲いいですね。私はバイクが好きなんですが、一緒にツーリングに行く仲間も会社にいます。一言でいうと和気あいあいっていうカンジです。

Question04今後についてお聞かせください。

ずーっとこの仕事が続けられるように頑張りたいですね(笑)ここは資格取れたら給与も上がって行くんですが、転職してきた時、前職は大手メーカー社員だったのにいきなり月給が10万も上がって驚きました。子供2人育てながら、4年ごとくらいのペースでバイクも買い替えています。これからもお客様に喜んでいただける仕事を重ねたいです。

先輩の声 02PERSON 02

一人一人にチャンスがあり
技術・人間性・責任感を
養いながら自分の力を
伸ばしていける。

工事主任市川 晃大

2000年 途中入社

Question01takacへの入社を決めた
きっかけを教えてください。

父親が建設業を営んでいて、小さい頃から現場について行ったり、10tダンプに乗せてもらったりすることが楽しみでした。
高校生の時、自転車で学校へ向かう際に父親が乗っている10tダンプとすれ違い、その姿がかっこよく見えてこの世界に入ろうと決意しました。

Question02お仕事の楽しさはどうですか?

takacでは一人一人にチャンスを頂けて、仕事の技術力・人間性・責任感を養うことが出来ます。
自分の得意分野も伸ばせるのでやりがいも生まれて、仕事への意欲も高まりますね。ゼネコンで請け負うような大きな仕事にも携われますし、何人もの人が関わり、力を合わせて一つの物が出来上がる姿は感動します。大変なことも多いですけど、一生向き合っていける仕事だと誇らしく思っています。

Question03OJT担当者として
気を付けていることはありますか?

まずは自分から積極的に歩み寄ることを心がけています。話しかけやすい雰囲気を感じてもらえれば、悩んでいることや困っていることも話しやすくなるし、私が伝えたいことも伝わりやすくなる。自分だけで考え込んでしまうことが一番よくないと思うので、信頼のおける関係性を作りあげることが、相手の仕事へのモチベーションを保つことに繋がる気がします。これは息子の少年野球のコーチをするにも大事なことだと思っています(笑)

Question04市川さんがOJTをしている
真川さんの様子はどうですか?

仕事覚えが早く、感覚が鋭いです!学生時代に吹奏楽部に所属していたのが良い影響になっているのかも。人の話をちゃんと聞けて、時間を守れてなおかつ意欲があるので、先が楽しみです。今後の目標は大きな現場で一緒に仕事が出来るようになることですね。

Question05今後についてお聞かせください。

最新の3Dインテリジェントの重機に乗って、地図に残る仕事をしてみたいです。建設業界はICT(情報通信技術)の活用が増えていて、高効率・高精度で施工が行えます。そんな最新技術を駆使して、いろんな人の記憶と記録に残るような仕事をすることが夢ですね。そしてそんな現場で、自分が教育を担当した方と一緒に仕事が出来たら最高です。自分も負けないぐらいたくさんの仕事を積み重ねて、どんどん成長いていきたいです。

OJT教育を受けてINTERVIEW

真川さん

真川さん2020年 18歳で入社

実直な先輩方の姿を見て、自分もこんな風に仕事をしたい!と思いました。

建設業界へ就職しようと決めたきっかけは、重機に乗ってみたいと思ったからです。小さい頃から乗り物が好きだったので、重機に乗れる建設業に魅力を感じました。
takacは話しかけてくださる方も多くて、会社にはすぐに馴染めました。男女関係なくいろいろなことに挑戦できますし、現場ごとに様々なシチュエーションで仕事が出来るので飽きることがなく面白いです。

働き始めてからは、今まで以上に自分の行動に責任を持てるようにならなければいけないと思いました。
どんな仕事でも、手を抜くと仕上がりに影響しますし、どんな時も仕事に実直な先輩方の姿を見て、自分もこんな風に仕事をしたいと思いました。
就職活動中の方に伝えたいことは、とにかく自分を信じて頑張ってほしいということです。
私もたくさんの会社を見学しましたが、自分で選んで入社した会社がtakacでよかったと思っています。
きっかけは些細なことでも、やりがいを感じていくことで自分に自信を持てる仕事を見つけられるかもしれません。
そんな仕事をtakacで見つけてほしいと思います。

真川さん

若手社員インタビューINTERVIEW

蒔田さん

蒔田さん18歳で入社

色々な技術や資格を身に付けられる!

おじいさんが左官屋さんをしていて、小学校のころから「建築の世界に入りたいな~」「おじいさんの跡継ぐのもいいな~」と、なんとなく思っていました。この会社に入ってから、あっという間に月日が経ちました。入社から今まで働いてわかったのは、入る前には想像もできないくらい専門分野が広ーく、沢山あって、目指そうと思えばどんどん色んな技術や資格を身に付けられる世界なんです。

造成、ブロック積み、河川現場、道路、交差点、擁壁、管路工事、テトラ、山での伐採、掘削、埋め戻し、吊り、整地、型枠、舗装、重機運転など、もっともっといろんな事をこれまで経験できました。また、建築業界には様々な資格があるので、監理や監督をするための施工技士などの資格にもチャレンジして、現場もオフィスワークも社外企業との接点での営業や渉外もオールラウンドに対応できるようになりたいです。

蒔田さん
ENTRY応募はこちら

PAGE
TOP